会津の古民家、移築・古材利用などにどうぞ

  • 古民家
福島県喜多方市

建築後150年位経過し、空き家になって25年位経過しています。8年ほど前に改造して田舎暮らしをしたいという人もいたのですが、改造費用に2,500万位かかり予算的に無理ということになってあきらめた方がおりました。建物はまだまだしっかりしているので、縁がある人がいればお譲りしたいと思い、掲示をさせて頂きました。

古民家の建物の売却となりますので、再建するためには、大工職人による手壊し解体となりますので、解体期間は1ヶ月位の期間は要すると思います。古民家そのものは無償です。解体費用は負担して頂くことになりますが、その解体費用等が売却価格となります。どの程度まで再建するか、もしくは古材を使用するかによって解体方法に違いがでてきますので、費用にも差がでてきます。(250万~350万位。)建築後150年前後は経過しているものと思われますが、木材も骨太な木材を使用しており、現代建築とは違った、経年変化による、独特な貫禄というものがあります。

再建したい、あるいは古材を使用して建物を建てたいという方があれば、お譲りしたいと思います。全く同じように再建しようと思うと、敷地は最低でも150坪位は必要になるかと思いますが、古材を使用した自由な設計の建物にすれば、敷地に合わせた設計も可能です。(当方、設計事務所なので、お気軽にご相談下さい。)下見は前もってご連絡いただければいつでもできます。近くに同じ造りの古民家を改造した家がありますので、いつでもご案内できます。参考になればと思います。

【物件概要】※土地を含みませんので、解体、移築、古材利用等が前提となります
場所:福島県喜多方市山都町
土地:売却対象外
建物:平家建て(延べ面積 約59坪)
構造:木造茅葺(現在は、茅葺の上に鋼板葺き)
現況:25年位空き家になっております。
希望価格:解体費用を含む諸経費

平面図

改造例(民家として移築)

※地図の位置は物件近傍を示しています