母が暮らしていた利尻島の家、一人暮らしを断念したのでお譲りします

  • 離島
  • 雪国
北海道利尻郡

私の母が一人暮らしをしていた、築53年位になる建物ですが、平成29年に怪我のため入院しておりまして、一人暮らしは出来ないと判断し、売却することになりました。基礎はコンクリートなのでしっかりしておりますが、トイレは水洗でなく、1,2Fにあります。タイル壁も多少剥がれており、屋根の葺き替えも2~3年後にリフォームが必要と思われます。雨漏りはリフォーム工事が終わっており、今は大丈夫です。水道も鉄管のため秋に閉栓し(無人の為)、春に開栓しますが、赤さびの水が出ます。冬季間も生活しておりますと大丈夫です。

家の中の不用品はこの2年でかなり処分いたしました。しかし、まだ家具・家電・寝具・骨董品等が残っており、その居抜き状態でお渡し願えればと思います。売り渡し時期は、まだ仏壇・写真・賞彰状額縁の整理があり、買主様が処理に困るものを処理してからと思っております。年内にと思ってますが、コロナ感染で利尻の往来を控えてほしいとのことで、この連休の来島は中止いたしました。

秀峰利尻富士の麓。景色は絶景です。水も冷たく、空気も最高に良いところです。またペシ岬の登山口でもあり、観光客の方と触れ合えます。海の幸も豊富でウニ、アワビ、海藻類等は全国でも有名です。冬季は折からの季節風(北西の風)が強く、離島間を結ぶフェリーも欠航。ダイヤも乱れ、降雪も吹雪状態になります。俗にホワイトロック状態になり、道路の通行止めが時折・・・しかし、白雪の利尻富士も絵になります。

札幌から利尻へ行くには、札幌丘珠空港、新千歳空港の直行便か、JR、都市間バス、自家用車で稚内フェリー便で(夏3往復)利尻へ渡ります。所要時間は、飛行機で約1時間、JR・都市間バスで約6時間&稚内⇔鴛泊間フェリー乗船(3,500トン)1時間20分です。

【物件概要】※古屋付土地(現状渡し)となります
場所:北海道利尻郡利尻富士町鴛泊
土地:5筆590.72㎡
建物:297.52㎡ (いずれも町の固定資産課税台帳より)
構造:コンクリートブロック
現況:電気・水道・ガスのライフラインは即使用可。灯油ストーブも使用可。

・買い物は商店、コンビニまで車で2~3分
・携帯電話もエリア内
・自治会費(年\3,600:街頭費、回覧板経 費等)
・プロパンガス
・トイレは汲み取りで上下水道は一部敷地にあり
・地目:宅地、雑種地

掲載終了しました
※ 現在、この案件のお問合わせを受付けておりません。

12畳の茶の間

床の間(仏間から仮置きです)

周辺風景

冬の利尻富士

鴛泊港を臨む

掲載終了しました
※ 現在、この案件のお問合わせを受付けておりません

前の画面に戻る