不動産を直接売り買いする人たちの掲示板「家いちば」

田舎図鑑

佐賀県武雄市

歴史ある温泉に人気のサウナ、交通の利便性も抜群の田舎

私の故郷、武雄といえば、1,300年の歴史ある武雄温泉が有名です。弱アルカリ性の単純泉は、肌に馴染んで「美人の湯」と言われています。武雄温泉のシンボル「楼門」は、日本の近代建築をリードした辰野金吾が、東京駅と同時期に設計し、国指定重要文化財に指定されています。 また、最近では、御船山楽園ホテルの「らかんの湯」のサウナが、「サウナシュラン」で3年連続1位に選ばれるなど、サウナ―にも注目されています。2013年リニューアルオープンした武雄市図書館は、蔦屋書店・スターバックスを併設した官民連携の新しいスタイルの図書館として全国的に注目を集めました。帰省したおり、調べ物ついでにちょっと仕事することもありますが、WiFi完備でビジネスユースにも好条件。ICT教育や移住支援など、行政の取り組みは全国的にみても先進的で、田舎にあっては自由な気質で、移住者も増えてきているそうです。2022年9月には、西九州新幹線(武雄温泉駅〜長崎駅)の開通に伴い、長崎へはもちろん、博多駅への特急「リレーかもめ」の運行は1時間に2本になり、格段に便利になりました。首都圏との2地域居住を考える人にとりわけ魅力的なのは、九州佐賀国際空港(武雄市からクルマで約1時間)の駐車場は無料で、なおかつLCC春秋航空の「佐賀〜成田便」は約7,000円〜とリーズナブル!(注:現在コロナ禍もあり運行は週末のみ。平時は毎日運行) 東京の大手広告代理店でカメラマンをしていた私の中学・高校の先輩は、8年ほど前に武雄にUターン。夫婦で自宅をゲストハウスにし武雄の魅力を伝えながら、週のうち数日は、博多経由の新幹線で広島県の大学まで出向き写真の講義を担当。さらに、海外での得意の天体写真の依頼があれば撮影クルーと成田空港待ち合わせで、これまでの仕事もこなしています。 先輩が運営しているゲストハウス → https://adonoan.com/info/ 九州の田舎を満喫しながら、いざとなったら福岡や東京へのアクセスも超便利。そんな穴場が、武雄の魅力です。 私が武雄市について書いた記事です。是非ご覧ください。 https://xtech.nikkei.com/kn/article/building/news/20130726/625630/ https://suumo.jp/journal/2014/10/16/71322/

  • 2334
  • 4
  • image

    武雄温泉楼門は辰野金吾(佐賀県唐津市出身)の設計により東京駅舎と同じ大正3(1914)年に建築された

  • image

    御船山楽園ホテルのロビーはチームラボによるインスタレーションが。「らかんの湯」のサウナは全国サウナ−の聖地として知られる

  • image

    武雄市図書館は、蔦屋書店・スターバックスを併設。WiFi完備で、週末は県外ナンバーが訪れる「観光スポット」にもなっている

  • image

    武雄市は米どころ、のどかな田園風景が広がる。武雄市橘町産の「さがびより」は、お米日本一コンクールで金賞を受賞し、JR九州の観光列車「ななつ星」で供されるブランド米だ

  • image

    2022年9月、武雄温泉駅〜長崎駅をつなぐ「西九州新幹線」が開業。博多駅〜武雄温泉駅間は、在来線特急の「リレーかもめ」がつなぐ。長崎・福岡へのアクセスが格段によくなった

売りたい物件を掲示板に載せる