不動産を直接売り買いする人たちの掲示板「家いちば」

田舎図鑑

大阪府豊能郡能勢町

バイクツーリングで月1回ほど訪れていた場所、住み心地が良くて移住ました

セカンドハウスでしたが住み心地が良くて、大阪府豊能郡能勢町に移住しました。 セカンドハウスを購入するまでは、バイクツーリングで月1回ほど訪れる場所でした。もとは大阪の北摂と呼ばれるエリアに住んでいたので、そこから一番近いツーリングロードだったこともあり、昔、京都に住んでいた頃は家族で能勢町のキャンプ場によく遊びに来ていたので、そういった意味でも思い出深い場所となっています。 大阪市中心部から車でほんの1時間で来れる立地にも関わらず驚くほど自然が豊かです。全国的に有名な景勝地や標高の高い山も海もありませんが、それがまた落ち着くところかも知れません。こういうのもなんですが、普通の田舎なんです。また能勢町は大阪府の最北端に位置するので、兵庫県や京都府にまたがる峠道が沢山あり、運転の力量や車種に合わせて、初級者から上級者まで楽しめるワインディングがいくつもあります。日本海の舞鶴まで1時間ほどなので、ツーリングがてら新鮮な魚介類を日常的に仕入れに行くこともできます。 能勢町発祥といわれる栗の銀寄(ぎんよせ)が有名で、能勢町の173号線上にある道の駅の名前も「能勢くりの郷」となっているぐらいの名産です。この道の駅は土日になると駐車場待ちで長蛇の列ができるぐらい賑わっていて、栗以外にも新鮮な野菜が沢山販売されています。また地域特産米の「キヌヒカリ」は真っ白でふっくらとした食感とお米本来の香りが楽しめる逸品です。道の駅ではお好みの量を精米してくれるので、つきたてが味わえるのも魅力です。

  • 3515
  • 6
  • image

    山々を巡るオフロードバイクツーリング

  • image

    家からバイクで15分のところにある瑠璃渓の紅葉

  • image

    道の駅「能勢(くりの郷)」

売りたい物件を掲示板に載せる