不動産を直接売り買いする人たちの掲示板「家いちば」

売りました体験談

熊本県阿蘇郡
S.Kさん

本宅を引っ越したことにより売却することに、思っていた倍に近い金額で売れました

設備の老朽化と使用目的が果たされ、本宅を引っ越したことにより、使用目的を本宅に合併することにしたためです。金銭的な理由はありませんでしたが、今後のことを考えると滅却が進むことにより、商品価値が落ちるため、早々に売却することを発想しました。購入の際にお世話になった不動産屋さんには「見放される」形(不快ではありませんでしたが)でした。物件の状況としては購入当初の60%程迄滅却していたと思います。DIY(私もしますが)の範囲でどうにか復旧可能と思われたギリギリの所だったと思います。私は「片付け嫌い」なので不用品の処分を値引きの条件に挙げたことは幸いしました。募集を掛けたところ、多数のノミネートを頂き、内覧の整理が大変でした。30件のノミネートを整理して3日にわたって日に6件を限度に内覧を実施して、実際はかなり減りました。 そもそも不精な私は「権利書」の存在を「熊本地震による度重なる引っ越しで未整理」を理由に町役場からの書類で代行しておりました。このことで買い手さんが確定した後に「建物の権利書が無い」ことが発覚し、買い手さんにご迷惑と不信感をおかけしました。購入希望者は落札形式で行いました。思っていた倍に近い金額で落札されたことは驚きでした。「買い手さん」については人柄等は考えませんでした。「この金額でどうしても欲しい」という方も居たり、そもそもの提示額を値引きする方もいらっしゃいましたが、条件を提示していたので、それを基に進める旨伝えました。私が綴っているブログも併行して呼びかけを行いました。そのためブログには1日に100件を超える訪問者になったのは、これも驚きでした。勿論、ブログも併行して行っていることは、希望者さんに送付しておりました。写真等も多数ブログに掲載し、視覚的にもご理解いただくように工夫しました。ブログをしていたことが幸いしました。買主さんが確定して「鍵の受け渡し」の時に、私の職業上のアクシデントから、買主さんとの約束を履行できずご迷惑を掛けたことがありました。大きな反省点の一つです。 購入確定後は季節柄(冬に向かっていた)早々に改修をご希望されていた買主さんが改修できるように対応しました。この取引を通じて感じたことの一つに「知らないこと」の実情です。「地元の不動産屋さんでは買主さんを集客出来ない事実」です。全国区での宣伝効果は「家いちば」の社員さんからも教えて頂きました。本当にその通りでした。金策に困ってはいませんでしたが「小屋ブーム」の現在、「もしかしたら、この物件に少し手を入れたら高額での売却ができたかもしれない」とも考えましたが、少々腹黒いと感じたので、初期設定の「なすが儘」で良い、と改心しました。そもそも「売れると思っていなかった」からです。「人間は欲の塊」なのだという事も垣間見ることができました。この度は取引の手引きをしていただきまして、ありがとうございました。コロナ禍の中に丁寧な対応には感謝いたします。私の様に「売りたいけど売れない」と考えている人々が沢山いる様です。私も社員さんが熊本に来た際に、早速親からの相続で「売れない別荘地」の相談をさせて頂きました。今回の取引が終わり次第、次に移らせていただくべく、連絡しています。昨今の「キャンプブーム」により、別荘地の売却も多くなっており、社員さんも「コロナ禍になり、大忙し」とのお話は尤もだと思います。どうか、これからも全国の「困っている売却希望者」に手を差し伸べて頂ければ幸いです。この度はありがとうございました。

自己採点:100点
  • 1459
  • 0
  • image
  • image
  • image
売りたい物件を掲示板に載せる