昭和終わり別荘ブームの温泉付分譲地、きちんと使っていただけそうな方にお渡しできました

宮城県刈田郡 Y.Hさん 昭和終わり別荘ブームの頃、両親は温泉付分譲地を購入し、小さな家を建てました。いずれゆったり楽隠居と考えていたようですが結局実現できず、長年放置された状態で遠方に住む私が相続しました。古家に加え敷地内雑木伐採や温泉の管理費が付随しており、ブームがとうに去った今日、地元業者に尋ねても買い手を見つけるのは困難でした。赤字は覚悟、温泉管理費の一部をこちらが負担する旨を掲載して頂き、6件問い合わせ頂きました。中には連絡が途中切れてしまったり、一時的物置にしたいと言われたり、当初希望から1割以下で提案頂いたり、商売ごとに不慣れな自分には戸惑うことも多々ありました。そのたびに家いちばのスタッフさまが相談に乗って親身に助言くださったので、なんとかやりとげられました。 最終的には、古屋をリフォームしてみたいという夢があるお考えの方にお渡ししました。温泉権整理を含めると、覚悟していた以上に当方が持ち出しする結果となりました。なまじ購入当時の値段など知っていると、判断が滞っていけないですね。しかし取引を通して、自分がこだわるべきは利益ではなく、きちんと使っていただけそうな方に渡すことだと、気持ちの整理ができて、踏み出せました。 随時メールでも電話でも丁寧迅速にサポート頂き、たいへん助かりました。おかげさまで買い手(譲り先)を見つけることができました。経済的に厳しい結果となったので自己採点結果が高くないですが、家いちばの皆様のご対応は100点満点です。本当にありがとうございました。 自己採点:70点

  • image
  • image
  • image