相続して数年間空き家です、遠くに見える町の夜景も綺麗です

長野県長野市

昭和50年11月5日に父が雪の深い地域からの移住のため長野市に土地を購入し建物も建築しました。両親が住んでいましたが約8年ほど前から留守宅となり現在に至ってます。父が亡くなり私が相続しています。現在は電気、ガス、水道も使えるようにしており、庭の管理は毎年業者さんに依頼していました。流石に建物、特に水回りは経年と留守の時間が長いことから劣化が進んでいます。私はこの春定年退職となり神奈川県に自宅を持っていることから2件の維持が経済面から難しく、この度古い家で現状渡しでもいいよという方がいらっしゃいましたらお譲りさせていただければと思います。

周りは住宅、リンゴ畑のため閑静なこと、2階からの眺めが良いこと、志賀高原から菅平方面まで一面に見れます。遠くに見える町の夜景も綺麗です。ただ、袋地になっており不動産としての価値が低く、駐車場がありません。※軽自動車は要相談。(近くに駐車場あり、空きは要確認)建物の経年劣化が進んでいるので入居ににあたり改修費がかかるかと思います。荷物は引き渡しまでに処分しますのでお願いします。ご要望の家具があればお譲りします

【物件概要】※古屋付土地(現状渡し)となります
場所:長野県長野市徳間才駅
土地:宅地358.33㎡
袋地、隣のりんご園の1mを使用契約中
※利用継続はりんご園オーナーとの交渉が必要
建物:木造亜鉛メッキ鋼板葺2階建
1階:91.91㎡(k+4部屋)
2階:26.79㎡(3部屋、内一部屋は半分に仕切り可能)
構造:木造
現況:空き家

※問い合わせ多数あるいは取引条件等により、上記と実際の取引価格とが異なる価格にて商談合意される場合もあります。

※物件を安く購入しても、購入後の維持費(税金、修繕費など)のほうが多くかかる場合もあります。ご購入に際しては十分ご留意の上、ご判断ください。

掲載終了しました
※ 現在、この案件のお問合わせを受付けておりません。
掲載終了しました
※ 現在、この案件のお問合わせを受付けておりません

前の画面に戻る